会って、視線が上から下まで舐めまわすように見てたときからw

仕事後にアポ

アポれたら、イケそうだなぁとは思ってたがあんま食いつきない。

食事中にタイプの男性はどんなのか聞いてみると、

女「黒髪・短髪・色白・マッチョというか細くない人!あと、チャラくない人!」

おいw おれと真逆やないか! 今、日焼けしてるし。
まぁ「チャラくない人」っていうから、お前はチャラいorチャラかった女の子なんやな。

警戒心高めな○型。とーく中に「エッチは付き合ってから!その日だけは無理!」とか言い出す。けど、これはなんかひっかかる。

前なら、「無理ポ~」やら「まぁ、とりあえずギラかなぁ」とかだったな~と心で思う。

とりあえず矛盾点を突いてトークする。これは警戒心からの防衛本能からきたトークかなと確信。

過去の話や自分の情報を主にトーク。
ボディタッチ少なめに変更し和み重視。

ここで新たなチャレンジ
「相手の理想のキャラを演じる」発動
やってみて気づいたが、ヒアリングの大切さを実感。

質問攻めになってもいけないなぁと思いました。女の子がたのしめない気がする。
いかに、自然に楽しませつつ、理想像を聞いて演じるかがポイントかな。

とりあえず、「エッチは付き合ってから!その日だけは無理!」とかなんで、紳士っぽく演じる。

が、なんかヒットせず。

警戒心とけ切れず終了。

帰りしな、ぶっちゃけヒアリング。

即系要素は多々あったが、2度目以降やないと嫌らしい。

どこで警戒心を持ったか聞いてみると、

 

「会って、視線が上から下まで舐めまわすように見てたときからw」
そういえば、別の女の子にも「視線」を注意されたな。
胸見てるのがもろバレだって。本能やからほっといたけど、唇や目に自分の視線を集中させる訓練しよ。ギラ段階ならありかもしれんが、初期の時はいらん警戒心を生むだけやし。

んで、「笑うひとがいい」「しっかりした考えを持った人がいい」が出てきたんで、簡単な話を難しく話したり、笑顔をより意識して一緒に楽しむキャラに変更。 警戒心はガンガン溶けだし、食いつきもあがってくるのが分かる。きちんと演じればこういうこともできるんやね。けど、タイムアップ。

さぁ 次々!