【カーセクでチソチソをマソマソに入れるまでの車で移動中の流れ】夜景スポット選びの重要性

前回までで声掛け~連れ出しまででしたので今度は車で夜景スポット(ギラスポット)に行くまで、車内でなにをしなければならないのか、何を用意しておかなければならないのかを具体的に示していきます。
まだ見てない方はこちらをまずどうぞ。

関連記事はこちら

有名な夜景スポットには行ってはいけない。

「有名=みんなが知っていて人がいる可能性が高い」という図式が成り立つので辞めた方がよいです。どうしてもという場合には途中で脇道に逸れてギラるポイントを押さえるか、ホテルが近い夜景スポットを選定しておきましょう。そもそも、自分の意見を主張してくる女の子はグダが多くなる傾向があります。

では、どんなスポットが最適なのか?

・まわりに通る車や人がない場所←重要
・けど、山奥とかそんなのではない。昼間は人気があるような場所
・そこそこ綺麗な景色が見れればよい
・行く途中に寄りやすいコンビニがある

周りに人気(ひとけ)がないのは当たり前なんですが、昼間は人気がある場所だとギラスポットに行くまでの女の子の警戒心が高まりにくいとは思います。その反面、怪しいとこでも平気な子はノーグダ率も高いです。

ギラスポットに着くまでにしなければならないことは?

・食いつきをあげる
・楽しませる
・トイレを済ませておく
・判定を入れておく
・夜景ドライブ=セックスするということを認識させる
・助手席でギラるのか、後部座席でギラるのか決めて女の子を移動させておく

上二つは通常と変わらないので割愛しますが、「トイレを済ませておく」と「判定を入れる」はギラスポット
向かう途中のコンビにで済ませましょう。

連れ出し前に、ゲット判定出来なかった場合やゲット判定したけど厳しめだった場合に、車内で一定時間和んだと仮定して再ゲット判定します。ここでアウトなら、なんやかんや理由付けて放流します。

車だけではなく、カラオケでも使える判定は、「女の子の荷物を離れたところに置ける」です。これは警戒心を判定できます。大切なもの(財布や携帯)が自分の離れたとこにあっても平気な子は即系に属すると思っています。逆に「荷物こっちに置きなよ!」といって「大丈夫」やら「ここが落ち着くの」とか言ってくる女の子は警戒心が高い状態といえます。

トイレはいざゲットの時に尿意があると楽しめないし、時間がかかったりした場合、グダ崩しに集中できないポプランの体質のために挙げときました。

「助手席でギラるのか、後部座席でギラるのか決めて女の子を移動させておく」は、ギラってる途中で、ギラしにくいから途中で移動してもらう提案をすると、結構「嫌だぁ~めんどくさい~」とグダを誘発するのでギラる前にポジションを移動しておくのがベストだと思います。

例)「もうすぐ着くから後部座席に移動して。後部座席からの眺めがいいんだよ!」

車内に置いておいておくべきもの・おいておいた方がよいもの

おくべきもの
・ティッシュ
・ゴム(コンドーム)
・多種多様な音楽

音楽は必須だと思います。好きな音楽があれば距離感とか親近感が湧きますし、音楽で女の子の系統もある程度、予測でき対策ができます。
例)西野かな好き→ 恋愛体質→ 色恋・イチャで攻める→ 誠実な恋愛トークをしておこう

ゴムは財布の中だけではなく車の中にもすぐ取り出せることのできるところに仕込んでおきましょう。不足の事態が起きても対応できるようにしておいてください。

おいておいたほうがよいもの
・毛布(フリース素材とか)
・英語教材の音源(ス○―ドラーニングとか)

毛布はセックル中の女子用クッションです。枕の代わりや恥ずかしがりな女子が隠れるのに使えます。あとは整理のときに下に敷くためです。黒のフリース素材だと汚れが目立たず冬は暖かいです。(夏は少し暑い)
英語教材は女の子にCDをわざと選ばせて教材CDを見つけさせます。見つけたら意外な一面と捉えられますし、スルーされても今後の流れには支障はないので布石(トークの種、意図的に食いつきを上げる行動のひとつ)くらいに捉えておいてください。

関連記事はこちら