【カーセクでチソチソをマソマソに入るためのまとめ】最後らへんから放流

前回までの紹介したとおりでまだ見てない方はこちらをまずどうぞ。

関連記事はこちら

で、着いてからは特に変わったことはなく普通のギラなんですが、カーセク特有な状況なんですが、車のなかのギラする場所も考えなくてはなりません。挿入までの流れ・挿入体位も限られてきますのこの点も事前に考えておきましょう。

助手席【ほぼ全車共通】

一番自然流れでギラまで行けます。
例)トーク→和み→ギラ

体位:正上位

この態勢めっちゃきつです。狭くて助手席に乗りずらいので男性は足を置くところに膝をついてからの挿入の形なると思います。
ポプランは大きさ・長さともに平均サイズなのでなんとか挿入はできますが楽しめません。助手席の足置場は女性のバック等も置いてる可能性がありますので事前に後部座席に置いておくようにしましょう。

体位:バック

助手席ならこの体位がいれやすいですが女の子の顔がみれないのでお勧めはしません。
一旦挿入→後部座席に移動→正上位
がベストかなと。

後部座席

後部座席がカーセクにおいてベストポジションでしょう。正上位・対面座位・バック等、だいたいの体位が楽しめます。
唐突に移動するのではなく自然な流れもしくはゲット確定してから移動しましょう。結構、移動グダもあります。

カーセク特有の場所グダ

・人(車)が来るかもしれないグダ
・車の中とかありえないグダ

事前に人(車)が来ないことで防げたりします。
ですが、カーセクが無理な子もいますのでラブホテルが移動時間20分以内にあるポイントを押さえておきましょう。

放流

カーセクという密室でセックスするわけなので後日の憂いはなくしておきましょう。楽しく会話・手をつないでコンビニのカメラに写っておく、女の子を送ってる最中の音声を録音しておく等の対策もありだと思います。決して、放置とかはしないように!!!だいたい、女の子の家まで送るという流れが自然でいいと思います。相手に感謝される場合も多いです。できるだけ相手の希望に沿った形で送ってあげましょう。相手が「家の近くでいい」と言ってるのに詳しく相手の家の前まで送るのはやめましょう。女の子最優先で考えてあげてください。

カーセクで起こるトラブル

人(車)が近寄ってくる

トーク中ならいいですがセックス中にも人(車)は近づいてきます。セックス中も周りに気を遣いながらだとむやみなトラブルは避けられますので。僕はよく慌ててノーパンで急発進させてますw

いかがでしたでしょうか。他に細かいテクニック等はありますがそれはポプラン独自のものなのであまり効果がない(例えば顔芸で笑わかせる流れ)ので省略していますが、あまりカーセクしたことない方には参考になったのではと思います。ポプランのカーセクの流れ&テクニックは下記にまとめています。よければ読んでください。

関連記事はこちら